Mission Statement

「私達の願いは、最も福音が伝えられていない人々の間で、イエスに従う者による生き生きとしたコミュニティが形づくられることです。」

Latest News

GLOBAL 第84号 2020年夏

新型コロナウイルス拡大防止の為の新しい生活様式は、大多数の人には「普通」になってきたことではないでしょうか。在宅勤務(テレワーク)に始まり、社会的距離(ソーシャルディスタンス)、オンラインのミーティングや授業など数あります。しかし、そんな中で変わっていないことがあります。それは地の果てまで福音は伝えられなければならないという必要性であり、そして様々な社会的制限が増す中も、福音の持つ力には何の制限もないということです。

 More Stories

Featured Article

ロゴス・ホープ号の現状と今後

                    

 

現在、ロゴス・ホープ号はキュラソー島のウィレムスタッドで客船として必要な証明書の更新手続をしています。また、ここでは、簡単な船のメンテナンスが行われ、必要最低限の修理と検査がなされています。新型コロナウィルスが始まって以来、クルーは船に留まり続けています。クルーは船内の部署で週5日間の労働をする以外に、トレーニングや聖書の学び、船内でイベントをしながら過ごしています。多くのクルーはこの時間を楽しんでいますが、100日以上、船から降りる事ができなかったので、この状況下で苦しんでいる人達もいます。現在ロゴス・ホープ号には、300名のクルーが乗船していますが、9月のメンバー入れ替え後には、クルーは240名ほどになると推測されます。

私たちが未来に目を向ける時、私たちの根本である神の国がこの地でなされ、福音が届いていない人々に届けるために、ロゴス・ホープ号のユニークな働きが用いられると信じています。船の働きとして、私たちは引き続き人々を世界宣教へ

 続きを読む

フォローしてください

 

OMの活動

OM(Operation Mobilisation)は、世界約110 カ国で3200 名が活動している世界宣教団体です。OM は世界における福音伝道のために奉仕者の育成を行っています。また、特に福音が届きにくい地域に重点を置き、教会開拓や教会の働きを強化する働きも担っています。 

  • 宣教

    キリストを信じる者として、大宣教命令に基づいて伝道をしています。神はごく普通の人々を大いに用いる方であることを覚え、福音を述べ伝えています。

  • 教会開拓

    教会開拓では、主に既存の教会が少ない地域を中心に、集会やイベントを通した交わりの機会を設け、様々な方法で神にある共同体の形成に努めています。

  • 人道支援

    人道支援の働きを通して、貧困や困難のうちにいる人々、社会で疎外されている人々に仕え、キリストの愛と憐れみを示しています。

  • 正義

    義でおられる神に遣わされた者として、児童労働や組織的、社会的暴力のもとで不当な扱いを受けている人々に寄り添い、助けるための働きをしています。

  • 訓練・育成

    宣教地における弟子訓練を通して、技術や知識だけでなく、信仰面からも奉仕者の指導と育成を行っています。

OMに参加しよう!

社会と人生をキリストの愛によって変革しよう。

診断テスト:あなたの「宣教スタイル」は?