「信仰も、もし行いがなかったなら、それだけでは、死んだものです。」(ヤコブ2:17)

神の愛や恵みについてどれだけ説教するよりも、困っている時に届けられる食べ物や生活必需品がその何倍ものメッセージを伝えることがあります。

痛みや必要に満ちた世界に失望したり、無関心だったりしていないでしょうか?OMは貧困に苦しむ人や、社会から忘れられ軽んじられている人に仕えることを、特権であり大きな機会であると考えます。

人道支援と社会的支援の分野で、私たちは世界の最前線にいるよう努めています。実際に人命を救う災害時の救援活動や、荒廃したコミュニティーの再建、尊厳をもった生活のための職業訓練や起業支援などが挙げられます。

このような働きは、世界中のクリスチャンたちが自分の信仰を実際に行動に表わす機会ともなります。例えば、プロジェクトを経済的に支援したり、助けが必要な所へボランティアとして行くという形で実践できます。

支援を受ける人たちは、状況が報道されなくなってもクリスチャンたちはそこにとどまり、支援をし続けることを知っています。政府はクリスチャンの倫理的基準の高さだけではなく、人々に愛が伝えられていることも知っています。それゆえ、国の将来のためのパートナーシップが進展しているのです。

私たちの人道支援、社会的支援の働きはすべて神の栄光のためです。あなたも、OMの働きを通して、若い女性の人身売買で縛られた人生からの解放、障害児の社会復帰促進、村全体の貧困状態からの脱却などの手助けができます。

あなたが手助けする人たちだけでなく、あなた自身も同じように変えられ、世界の必要の大きさを発見することでしょう。そして、神がどんな状況にあっても力強い方であられること、神の恵みはあなたのような人を通して他の人々に示されるということをも学ぶことになります。

腕まくりをして、仕事にとりかかりましょう。神の愛を証明するために。

GO WITH OM